Mission

わたしたちの

想い

素材そのものが持っている繊細な味・風味の違いを感じ、
次第に変化していく様を楽しむ。
それは日本の食文化の中で育まれ、大切にされてきたこと。

封を開いてすぐに気付く豊かな香り、
口に運んだ瞬間に感じる素材の味、
噛んでいくうちに口いっぱいに広がる上質な風味、
そして飲み込んだ後に続く余韻。

そんな小さな楽しみや喜びのひとときが、
人の笑顔の一助となるように。
それがわたしたち桐乃坂中央軒の想いです。

Value

わたしたちの

こだわり

化学調味料・着色料・保存料無添加

契約農家で生産され、厳しい品質基準をクリアしたもち米「みやこがねもち」のみ使用。

国産原材料を使用
(イタリア産パルミジャーノ・レジャーノ、スペイン産マルコナ・アーモンド、その他一部を除く全て)

日本ならではの季節の移ろいを感じる事の出来る厳選素材を使用。

Vision

わたしたちの

目指すもの

『人の想いと自然の恵みを、米菓にのせて繋いでいく』

桐乃坂中央軒で使用している素材は、すべて最高品質。
そこには、生産者の方々の、
地道に、丁寧に、こだわって育てた食材への想いと、
自然と向き合い、積み重ねた日々の物語が存在します。

米菓で最も大切なもち米から、副素材や調味料に至るまで、
生産者の方々が、大切に育んだ想いの一つひとつと、
お客様一人ひとりを繋いでいくこと。
地域が生み出す、上質で価値あるものが、桐乃坂中央軒を通して、
少しでも日本中、世界中と繋がり、いつまでも社会に存在し続けていくように。

わたしたちは、素材そのものの魅力だけでなく、
営まれてきた人々の生活や美しい自然を、
米菓にのせて次世代へと繋いでいきます。

Meaning

ブランドの由来

桐は鳳凰が宿り、「高貴で吉祥をもたらす木」といわれていました。また、「成長を願う木」といわれ、女の子が生まれると桐の木を植えて、嫁ぐ時には花嫁道具にして持たせました。桐の木は長きに渡り、私たちの生活の中で尊ばれてきました。

多くのお客様の笑顔に囲まれて、成長し続けることを願い、「桐乃坂中央軒」と名づけました。

オススメ商品Recommend Items